男の人

費用をかけずに過払い金請求の相談が行える場所を利用する

気をつける

相談

離婚をする場合には慰謝料を請求できることがありますが、その場合には気をつけるポイントがたくさんあります。どのようなポイントに注目すると良いのか紹介するので情報を集めておきましょう。

費用だけで選ばない

男女

離婚を問題なく進めるためには、専門家に依頼することが大切です。離婚の専門家と言われる行政は様々にあるため、どの専門家に相談すると良いのか迷ってしまいますが、費用だけで選ぶのは避けましょう。

離婚相談をする

男の人

法律事務所以外でも離婚の相談が行える場所があります。NPO法人では相談費用もかかることがないため、費用を抑えることができるのです。基本的には相談がベースになるので法律事務所とは違うという認識は持っておきましょう。

減額できる

メンズ

任意整理の注意点について

過払い金請求などの借金の相談を弁護士にして、債務整理の方針の中でも一番多いのが任意整理です。任意整理とは、借金の減額をした金額を分割で将来の金利をカットして分割で返済をしていく手続きです。しかし、借金の相談をして任意整理をしてもあまり減額がされないケースがあるのです。それはカードローンの新規契約を2010年以降にされた方です。それ以前の契約された方は利息制限法以上で契約していた方が多いので過払い金となり、その分が減額できるのですが、2010年以降だと法令に遵守した金利なので減額できる分がないのです。ただし、まったく減額できないのかというと消費者金融の金利や費用が高いので将来の金利はカットできるので、それだけでも総支払額は減らせることになります。

3年以内で返済ができる

過払い金請求などの借金の相談をして任意整理で手続きをすると、借金の減額をすることができます。その減額されてた金額を、分割で将来発生する利息をカットして返済ができます。任意整理の相談をすると、3年で完済できるように返済計画を立てていきます。相談者の収入から、毎月無理のない返済金額で組んでいきます。場合によっては5年以内で返済計画を立てていきます。ただし、任意整理は原則3年以内で完済をすることが見込める方が対象となります。任意整理で難しいとなると、個人再生や自己破産を検討していかなければならなくなります。任意整理なら費用もかけず家族に内緒で手続きできますが、個人再生や自己破産をとなると裁判所を介しますので、必ずしも内緒でという保証はないです。