レディ

費用をかけずに過払い金請求の相談が行える場所を利用する

気をつける

相談

配偶者が不倫をした場合、たとえ結果的に離婚を回避することができたとしても、配偶者の不倫相手に対して慰謝料の支払いを請求することができます。ただし、いつでも自分の好きな時に慰謝料を請求できるようになっているわけではありませんので、注意する必要があります。そもそもこの慰謝料は、正確に言うと、不法行為に基づく損害賠償請求権ということになります。この不法行為に基づく損害賠償請求権は、被害者が損害及び加害者を知った時から3年間権利を行使しないでいると時効によって消滅してしまうことが民法で定められています。ごく大雑把なことを言ってしまうと、不倫の事実を知ってから3年以上放ったらかしにしていた場合は、慰謝料を請求できない可能性が出てきます。ただし、不倫が原因で離婚することになった場合は、離婚が成立した時から時効が進行すると考えられています。そのあたりの取り扱いは複雑になっていますので、離婚問題に詳しい弁護士に相談してみることをおすすめします。

配偶者が不倫をしていることに気づいたとしても、すぐに不倫相手に対して慰謝料請求をする気になれるような人は滅多にいません。どうすればよいかと迷っているうちに3年程度の月日が経過してしまうようなケースが実際によくあります。ただし、3年経過することによって請求権そのものが自動的に消滅してしまうわけではありませんので、まずは弁護士に相談してみるようにした方がよいです。そもそもこの時効は、援用権者が援用することによって初めてその効力を発することになっています。ですので、相手方が任意で請求に応じる場合は、そのお金を問題なく受け取ることができます。また、相手方の顔は知っていたけれども、住所や氏名が判然としなかったというような場合には、相手方の身元を特定できた時から時効が進行することになっています。先程も述べた通り、時効の起算点の判断は難しいので、弁護士に相談してみるのが一番です。